バスタイムは美容ケアに優れている

発汗を促すバスタイム

汚れを落とすだけではなく、キレイを作り出すのがバスタイムの時間です。お湯に浸かることで血流やリンパの巡りがよくなり、角質を柔らかくして硬くて厚くなった古い角質を取り除き、ツルスベ肌に導くことが可能です。近年、汗をかくことが少ない環境下にいることで、体温調節の機能も低下している女性は増えています。バスタイムは発汗を促してデトックスできる貴重な美容タイムです。お湯は必要な皮脂を奪わないためにも40度前後の湯がよく、半身浴は代謝やデトックス効果が飛躍的に高まります。

入浴でキレイを作るためのポイント

顔同様、ボディも刺激を避けることは美容の観点からも注意しておきたい内容で、肌負担をかけないためには手のひらで洗うのがポイントです。ボディソープは保湿成分を含むタイプを選び、泡の弾力と吸着力で汚れや古い角質を洗い流します。入浴直後の肌は潤いに満ちていますが、水分の蒸発が早いため、3分以内に化粧水やクリームで保湿ケアを行います。また、踵や肘、膝などは角質が硬くなりやすく、バスソルトを利用して古い角質を取り除くことは適したケアですが、粒子が大きい場合には肌刺激になりやすいために、粒子が小さいバスソルトを選ぶことも大切です。

垢擦りの注意点を把握

バスタイムに垢擦りを行うケースも増えていますが、力の加減によっては皮膚を傷つけてしまいやすく、垢を取りすぎることで皮膚のバリア機能も低下しやすくなります。垢は汚れが蓄積されたもので排除すべき汚れである一方、全て取り除くことで外部刺激にさらされてしまう肌はトラブルを招きやすくなります。垢が蓄積されやすい首や耳の後ろ、脇や指の間などは周期的にケアすることは適切で、体臭の予防にも繋がります。注意点としては、垢擦りの頻度や赤みを帯びない手加減も皮膚の乾燥を助長するため気を付けたい内容で、かゆみなども招きやすくなります。

品川美容外科の起訴まとめサイト