エイジングケアは内側からが理想

発酵食品がもたらす美容

年齢を重ねるにつれて美容に関心を深める女性は増え、シミやシワ、たるみなどのエイジングケアに基礎化粧品を用いたスキンケアを徹底するケースは、老化を遠ざけるためにも重要視されています。外側からのケアにプラスし、食事にも一工夫を施すことにより、効果的に肌の細胞づくりができる利点が挙げられます。例えば、発酵食品の代表格といえるヨーグルトに含まれるたんぱく質は、消化吸収に優れています。発酵食品ならではの良質なたんぱく質とカルシウムの他、発酵由来の乳酸菌の働きによって、腸内環境まで整えてくれます。

エイジングサインとなるシミ

加齢と共にハリや弾力は乏しくなるために積極的に摂取したいのがコラーゲンや、女性ホルモンと似た働き方でコラーゲンの生成に関わる大豆イソフラボンです。コラーゲンを手軽に摂取できるのが手羽先で、スープや鍋に仕立てることで溶け出したコラーゲンも効率よく摂取できます。また、美容の悩みでエイジングサインとして現れやすいシミ対策には、メラニンが作られるのを抑制し、シミを薄くする働きを担うビタミンCが最適です。通常、ビタミンCは熱に弱い性質を持っており、生の果物からの摂取が理想とされていましたが、じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

ストレスを緩和する食材

また大人ニキビなどは生活習慣の乱れが影響しており、美容の大敵です。ホルモンバランスはもちろん、ストレスや睡眠不足なども影響を与えています。ストレスで消費されやすいのがビタミンB1で、豊富に含むのは豚肉です。特に、ヒレ肉は脂肪が少なくてヘルシーで、美容目的のダイエットにも適した食材です。また、ストレスを和らげるホルモンの生成にはビタミンCを一緒に摂取するのがよく、加熱しても栄養素が壊れにくいじゃがいもと組み合わせたグリル調理などは、年齢を重ねた女性でもヘルシーに食せる内容です。

品川美容外科の提訴について詳しく