美容大敵の大人ニキビ

大人になったからニキビ

ニキビといったら10代の思春期の頃におでこのあたりに多くできるものなので、若い方の悩みであると思われがちですが、実はここ最近大人になってからニキビに悩まされる方が多く、美容の大敵となっているのです。10代であれば、皮脂の分泌も多いのでニキビができてしまう理由は分からなくもないですが、30代になってからや50代になってからニキビができてしまうなど、お肌のトラブルを抱えていることになって、深刻な悩みとなっています。

ニキビができる原因について

そもそも大人ニキビができてしまう理由とは、一つとして睡眠不足があげられます。実は、寝ている間に肌だけでなく髪の毛から全身の皮膚を修復しているのです。この作用は、10時から2時の間に成長ホルモンが分泌して体の修復を行っています。夜遅くまで起きていたり、睡眠不足であると修復がしづらくなるのです。もう一つの理由は、洗顔後などに使用するタオルです。タオルの繊維が長時間肌に触れることで肌への刺激となり、皮脂が貯まりニキビの原因となるのです。

コラーゲン摂取が効果的

大人ニキビの対策をして、美容のために美肌を保つためにはコラーゲンがよいとされています。そもそも日本人はコラーゲンの摂取量が足りていなく、1日5g以上は摂取してほしいのですが2g以下しか平均でとれていないのです。コラーゲン接種のためには、手羽先や鮭の皮まで食べるとよいです。肌対策のためにはコラーゲンがよいのですが、それを毎日摂取するのは非常に難しいので、サプリメントなど市販のもので不足分を補うとよいです。

品川美容外科の判例について調べる